• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

健康な人の腸内細菌を保管・治療に活用 「バンク」の運用始まる

20
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    順天堂大学医学部総合診療科 准教授

    腸内細菌の治療に関する研究は世界中で進められており、特に潰瘍性大腸炎に対する便移植が注目されています。便移植は、健康な人の腸内細菌を患者の消化管に移植することで治療効果を狙う方法です。特に潰瘍性大腸炎やクロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)に対しては有効性が示されており、米国では再発性CDIに対する便移植がFDAに承認されています。

    潰瘍性大腸炎に関しては、便移植が一部の患者で症状改善に寄与することが研究で報告されていますが、エビデンスはまだ十分ではありません。そのため、現時点で腸内細菌治療が標準医療として広く受け入れられるにはさらなる研究とエビデンスの蓄積が必要です。こういった研究の蓄積が未来の標準治療に繋がります。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか