• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

慶應幼稚舎の話を聞いて「一般人が知らない資本主義の最上位階級」の存在を知る

175
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 幼稚園から大学までエスカレーターで上がってくる生まれながらの最上位階級の人と、
    一生懸命受験勉強をがんばって、なんとか慶應大学に入った頭の良い(だけの)一般庶民が一緒に学べる環境にある。
    という意味では、日本は格差差別のない良い国だと思います。


  • badge
    (株)こうゆう 花まる学習会 代表

    30年以上前に、数年間、幼稚舎出身の塾校生ばかりを集めた中目黒の補習塾で塾講師をやっていましたが、1人残らず健やかで部活には一生懸命(花園に何人か出て応援に行ったこともあります)で、良い子ばかりでしたよ。みんな社長を継いだり会計士になったりしてますが、元気で家族を大事にして人生楽しそうです。つまり良い小学校なのだと思います。


  • 平社員

    皇室がある以上ある程度の上流社交は文化として(世界的にも)あってしかるべき。我々下郎の及び寄る世界ではない。ただ庶民でも金は稼げるのが資本主義社会。歩でも成金として重宝される、いい時代なのだ。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか