• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

為替介入「許される」と財務官 過度な変動なら

共同通信
106
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 黒瀬 浩一
    badge
    りそなアセットマネジメント株式会社 チーフストラテジスト チーフエコノミスト

    同じ内容の発言を繰り返すより、イエレン財務長官の真意を汲んで、前向きな問題解決を志向をすれば、円安は止まると思います。円安の原因は金利差と日本の貿易赤字です。金利差を少しでも縮めるためには、日本経済の成長力を高める成長戦略に注力すべきです。タイミング的にも骨太の方針の発表時期が近づいています。貿易赤字を削減するには輸出の強化が必要です。近年の好事例では、肉の加工場を新設したら和牛の輸出が飛躍的に増加しました。こういうことをもっと広くやるべきなのです。政府は縦割りのサラリーマン組織なので管轄外のことには関与したがらないのは分かります。しかし、そうではない米国人から見ると、なぜ日本の役人は同じ過ちを公衆の面前で繰り返すのか、理解に苦しむと思います。イエレン財務長官は相当な不信感を持っている可能性が高いように思います。


  • 齋藤 正勝
    badge
    株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド 東G(4436) 副社長 COO

    連休明け28日の取引分から、米個株式取引の受け渡し決済がこれまでの約定日の翌々営業日(T-2)から翌営業日(T-1)に変更され、1日早くなります。
    金融機関や機関投資家のバックオフィスは混乱も警戒され、特に海外資金の場合、外国為替が絡むケースもありドル高円安要因にもなります。
    日本時間の火曜朝に、介入キッカケになる可能性あり留意しておいた方がいいと思います。


  • 永濱 利廣
    badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    投機筋に警戒心を植え付けるために必要な発言ということなのでしょう。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか