• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

年収1000万円超え? 米国でブルーカラー職への関心が高まっている理由 | 年金に福利厚生…

145
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    ENOTECH Consulting CEO

    アメリカではパンデミック以降、現場仕事系で人が足りないプレッシャーが激しく、賃金が大きく上昇しました。その分、サービスの料金も全体的に上がっています。ひたすら料金を低く抑えようとするのではなく、お金の流れが少し変わってきていると思います。

    バイデンの労働者寄りの政策のおかげもあると思います。あまりに貧富の格差が激しくなってしまったアメリカでは、記事にあるように限定的ではありますが、良い方向であると私は思っています。


  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    AIでホワイトカラーの優位性低下していきますから、日本もいずれそうなっていくでしょう。
    それに乗り遅れないためにも、ドイツのマイスター制のように手に職人材の育成がより重要になってくると思います。


  • badge
    A.T. Marketing Solution 代表 VISOLAB(株)CMO マーケティング、ブランディング

    米国で1000万円超えと言っても、購買力平価での為替レートは1$=90円ぐらいですから、日本の生活感覚で言えば600万円ぐらい。

    NYとかLAで働いている人に聞くと、物価は2倍どころか3倍近いとも言います。そうすると400万円位の感覚ではないでしょうか。

    ただし、日本のブルーカラーの賃金はもっと上げてもいい。人手不足と言いながら孫請け、曾孫請けの給料はあまり上がっていないとも聞きます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか