• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

長期金利が1%に上昇、13年5月以来-日銀YCC下の上限到達

210
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    高千穂大学 教授・国際金融論

    長期金利は、①期待潜在成長率、②期待インフレ率、③財政などに対するリスクプレミアムに分解されます(今はこれに④日銀保有による金利押し下げ効果がマイナスで加わります)。基本的に今の長期金利上昇要因は②と考えられます。これは純粋にインフレ到来を予想している面に加え、日銀のインフレ対応への猜疑心の表れでもあります。現在、債券市場のインフレ期待である10年物ブレークイーブンインフレ率は、物価連動債の発行が再開された2013年以来で最高を記録しています。大幅な実質金利のマイナスは未だかなりの金融緩和が続いていることを示します。このままでは円安の長期化と相まって、インフレに歯止めがかかるか不透明と言え、日銀の利上げが市場予想よりも早まる(速まる)可能性が全く低くありません。


  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    財政への影響を考えるなら、名目経済成長率との対比で考えるべきでしょう。


  • badge
    追手門学院大学 経済学部 教授 兼 経営・経済研究科 教授

    債券市場が、日銀のくびきから外れて、本来の自由な動きに戻っていくプロセスにあるのでしょう。日本経済の潜在成長率や予想インフレ率をどうみるかで、市場参加者の経済リテラシーが試される時代ですね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか