• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験
メタバースって何の略?の”次”を語る会

メタバースって何の略?の”次”を語る会

フォロワー2218人
72本の記事
メタバースがバズワードになったのが2021年。そろそろ議論はやめて、次のフェーズに進みましょう。
角田 拓志のアイコン
角田 拓志
他 5人の投稿者
株式会社モンドリアン メタバースエバンジェリスト
フォロワー2218人
72本の記事
メタバースがバズワードになったのが2021年。そろそろ議論はやめて、次のフェーズに進みましょう。
熱戦必至!メタバース×eスポーツ「Colosseo」の魅力とは?
全体に公開
この連載ではこれまでメタバースの大本命として、EpicGamesのFortniteとUnreal Engine→UEFNについて多く言及してきました。 2024年に入って、様々な企業や自治体が進出するなか、一方で浮き彫りになってきた課題についても言及してきました。 今回はそんな課題の解決の糸口になるかもしれない、あらたなプロジェクトについて、ご紹介します。 Fortniteといえば「メタバース」よりも「eスポーツ」を思い浮かべる人が実際は多いでしょう。Fortniteはオリンピックeスポーツシリーズの射撃部門の正式種目でもあり、昨年10月にコペンハーゲンで行われたFNCS Global Championshipは総額約6億円の賞金規模の大会でした。
メタバースが「普段使い」になる日:ICT教育とエデュテイメント
全体に公開
前回の記事では、メタバースが普段使いになるための3つのユースケース(ゲーム、フィットネス、教育)についてお話しました。今回は、その中でも私が特に注目している「教育」について掘り下げていきます。 メタバース×教育の3つのカテゴリー 私はメタバースを活用した教育のユースケースを、大きく3つのカテゴリーに分けて考えています。 1.コミュニケーション革命 2.ICT教育の入り口と出口 3.エデュテイメント 1.コミュニケーション革命 教育は分解すると思想や知識やノウハウの伝達、いわゆるコミュニケーションの要素が大きいです。メタバースの本質的価値いくつかありますが、そのなかのひとつがコミュニケーション革命。「メタバースは3D空間であり、情報量が多いため、メタバース内に入って学ぶことが多くの学びにつながる(例えば車の運転の練習や工場の機器の使い方など)」というのが、メタバース×教育という角度での大本丸です。あらゆるジャンルの教育に応用が効き、教師、教材、教室の在り方の革命もカバーできます。ただ上記の前回記事で言及したように、メタバースの本質的な価値の享受はまだまだ普段使いするには『重い』です。ヘッドマウントディスプレイが十分に普及して職場や家庭などの生活の中に浸透している段階で、その力を存分に発揮するジャンルです。

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか