• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

グーグルとマイクロソフト、AI投資負担を緩和

The Wall Street Journal
22
Picks

この記事は有料会員限定の記事となります

無料トライアルに申し込む

コメント


注目のコメント

  • 比屋根 一雄
    badge
    三菱総合研究所 執行役員兼研究理事 生成AIラボセンター長

    これほどの巨額なAIへの投資を続けるのはなぜか。AIの次の進化が、企業内業務と企業間取引を飛躍的に改革する未来が見えているからでしょう。

    生成AIで人との対話が可能になりました。ただし、指示されたことに応える利用法に限定されています。だから業務の自動化も限定的です。

    次のエージェントAIでは、推論や計画といった高度な思考の実現が予見されています。評価や判断も向上するでしょう。

    これが何を意味するかというと、大きく複雑な業務の
    まとまりをAIに任せることができるということです。つまり業務の自動化レベルが飛躍的に向上します。

    ということは自動化前提で業務を再構築する必要が出てきます。この需要は計り知れない規模になるはずです。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか