• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

2024年版「若き」世界の億万長者たち、日本の佐上峻作社長もランクイン

Forbes JAPAN
84
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • Mizuno A

    エクセレントカンパニーがたくさん出ていた時代の日本は、個人だけが突出して金持ちになったという事例は少なかった。官僚主導の経済だ。

    反対に、今の日本やアメリカのように、産業資本が衰退した新自由主義国は、一部の個人が大量の資本を蓄積している。

    日本社会が徐々にアメリカによって一方的に変えられている。恐るべきことだ。


  • 松田 武浩
    高齢有資格者

    起業家(億万長者?)にとって重要な素養とは、

    個人の能力ではなく、米国的企業環境に恵まれた、

    あるいはそのような企業環境の時代に起業家しただけである。

    嘗ての起業家は、個人として決してビリオネア(ミリオネア)はいなかった。


  • T Yushiro
    考えるITインフラ猫

    結局、社会主義が終焉したのと同じ様な道を辿っています。
    富の一極集中ですね。

    アメリカの場合は寄付という文化がありますが、日本はないので、世界より一極集中がすすみそうです。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか