• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

水原容疑者が「最大の盾だった」 消えて感じる存在感、大谷翔平に直接話しかけた米メディアの驚き

171
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    NASA Jet Propulsion Laboratory 技術者・作家

    や〜〜〜〜〜ぶっちゃけね、言葉、文化の壁って、辛いっすよ。

    僕はもう在米19年で、もちろん苦労や不便はかなり減りましたが、80%か90%あたりに漸近線が見えてきた感じで、100%アメリカ社会の中に溶け込むのは、あと何年住んでも無理だな〜〜、と思う今日この頃です。

    でうちの娘はスラスラとネイティブの英語を覚えていきます。今朝は彼女がfemaleとネイティブ発音で言ったのを聞き取れなくて軽くショックでした(笑)

    移民とは、2世代か3世代かけてやるものなんだな、と最近思っています。多分うちの娘は、言葉や文化は全く問題ないんでしょうが、アメリカ人か日本人か、アイデンティティの狭間で一生揺れるのでしょう。僕の孫はきっと、完全にアメリカ人になるんだろうと思います。


  • badge
    メディア・コンサルタント フリーランス

    確かに大谷翔平選手にとって野球以外で成長するチャンスかもしれないことがわかる記事です。ただ一番最後の『通訳が常にそばにいる状況でなくても「短い期間、彼は不完全な英語でインタビューを実施し、ミズハラやアイアトンが側にいない中で全力を尽くした」。ただそれはある日突然終わり、メディアは大谷と簡単にコミュニケーションをとれなくなっているのが現状だという。』
    意味がよくわからない。


  • badge
    NP アスリートの専門家

    今回の水原氏の件で、大谷翔平選手と彼の関係者(メディア含め)に対して、多少の変化は起きているかと思います。大谷選手も2018年から渡米7年目ですし、ある程度は水原氏と一緒に行ってきたこと、任せていたことから次のステップへと心は動いているのかもしれません。改めて、ドジャースという新天地での活躍に注目しています。この一年は大谷選手自身の色々な面での転換期かと思っています。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか