• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

26年度の物価上昇2%程度 日銀見通し、好循環継続で

48
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • NewsPicks Content Curator

    物価見通しは決定会合後に公表する「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で示すもので「1月の前回リポートでは24年度の消費者物価上昇率を2.4%、25年度を1.8%と予測しており、今回初めて26年度の見通しを示すことになる」そう。


注目のコメント

  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    追加利上げの地ならしだと思います。


  • badge
    追手門学院大学 経済学部 教授 兼 経営・経済研究科 教授

    22年度、23年度の実績から24年度、25年度、26年度の見通しまで、5年間のインフレ率が、2%程度またはそれ以上、となります。5年間と言えば、日銀総裁の任期と一緒。「持続的」な2%インフレという物価安定目標の達成に、一歩近づいたを意味します。
    見通しの数値だけでなく、上下のリスクバランスにも注目しましょう。


  • Social UX designer / 僧職 ウェルビーイング学

    物価上昇を上回る賃上げは、いつ来ますか?


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか