新着Pick
402Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
女性が輝く日本へ、という美しいキャッチフレーズは、自分を批判する女性議員には適用されないようです。
人気 Picker
辻元議員が、延々と説教し続けて、なかなか質問をしなかったからでしょう。動画を視たけど、辻本さんのあのかん高い調子で延々と説教し続けられたら、正直言って嫌になりますよね。答弁の機会があって、初めて質疑が成り立つと思います。

「辻本議員が時間が過ぎているにも拘わらず自説を延々と述べ続けて、答弁する機会を与えないから、質問を促した。言葉が過ぎたならば、お詫び申し上げます」と総理も謝っていました。

一方、安倍総理の答弁中の総理に対するヤジの大きさは、どう考えるべきですかね。総理だけ一方的にヤジられるこの現状。総理がヤジれないならば、総理に対してもヤジってはいけないのではないでしょうか?

全体の質疑の動画を視て欲しい。10分ものです。↓
https://www.youtube.com/watch?v=aOmXcqowLBk

コメント欄からも見てとれます。おそらく動画を視た方だと思います。「ヤジを言った
」一点だけでなく、全体を視たうえでのコメントは参考になります。

パルックさんのご意見↓
「ヤジ自体が好きではないんだけど、
国会自体「ムダな言葉つらつら並べていつ本題に入るんだ」とか「議題から外れすぎてるけどまともに答弁する価値あるのか」ってのが多い。
それと「他の議員は良いけど総理はダメなんてルールがあるの?」と素朴な疑問。ヤジが「総理としての資質に欠ける」のなら、国民の代表たる議員さん一人一人も、その資質に欠けていると言わざるを得ないね」。

や、Greenhaircutさんのご意見も理解できる。↓

「うーん。野次はよくないとは思うけど、動画見たら「早く質問しろ」と言いたくなる気持ちはわかるな。仮定を積み重ねつつ可能性として起こり得る危険をアピールすることばかりしていては議論が進まないじゃん」。

僕は、ヤジを肯定していないですが、何だかちょっと安倍さんに同情してしまいます。国会対応って本当に大変ですよね。一生懸命に聴いてくれた米国両院議会でのスピーチが懐かしいんではないでしょうかね。めげずに頑張ってほしい。
安倍首相、議員の皆さんにはフィンランドの小学5年生が作った議論のルールを参考にしていただきたい。
1. 他人の発言をさえぎらない
2. 話すときは、だらだらとしゃべらない
3. 話すときに、怒ったり泣いたりしない
4. わからないことがあったら、すぐに質問する
5. 話を聞くときは、話している人の目を見る
6. 話を聞くときは、他のことをしない
7. 最後まで、きちんと話を聞く
8. 議論が台無しになるようなことを言わない
9. どのような意見であっても、間違いと決めつけない
10. 議論が終わったら、議論の内容の話はしない
小学生でも野次を飛ばすのがマナー違反だということを知っています。
国会の場での野次を聞く度に「ああ、これが国民の代表か」と情けなくなります。
地方議会で女性議員に対するセクハラ野次が問題になったのも過去の話?
野次議員を議長権限でどんどん処分してはいかがでしょう?
【政治】質問者が誰であるかに関わらず、一国の総理大臣が国会軽視とも取れる言動を繰り返すのはいかがなものかと思う。横綱に「品格」を求める国民ならば、総理大臣にも「品格」を求める国民であってほしい。以前の日教組野次も考えると、安倍総理に「品格」があるとはとても思えない。
今回の安倍首相の野次はいただけない。「野次は議場の華」と言われるが、最近の国会での野次は全体的にひどすぎる。答弁が全く聞こえないことも多い。不愉快で仕方ない。国会議員の皆さんも「アメトーーク!」を見て勉強して欲しい。
議会制民主主義の下では野党の厳しい追及を受けるのは当たり前。それにいちいちキレるというのは、安倍首相の内閣総理大臣に相応しからぬ器の小ささと、追及に対し余裕を持ってかわせない証拠。現に、理路整然と追求する共産党の志位委員長の質問にまともに答えられずやりこまれている。結論ありきで欠陥法案を作ったからこそ、まともに答える材料を持ち合わせていないということだ。
まぁ気持ちはわからんでもないが、こういうのはよくない。
野次は問題ですが、ねじれ現象を感じます。日本の右翼は天皇崇拝者のはずです。安部総理は天皇が日本国憲法維持を望んでおられるのにそれを無視する姿勢をとっておられます。それでも安倍総理を支持する右翼言論人の姿勢は天皇を崇拝していないことになります。一方日本国憲法は天皇の政治参加を否定しています。従って天皇が憲法改正に発言をすることは好ましくないのです。ねじれています。コメントの右翼的発言に無原則的に「いいね」が集まる現象は、1930年代の日本を思い起こさせます。1930年代は偶然なのでしょうか、観光政策も盛んに行われた時代です。幻の1940年東京オリンピックを目指していた時代です。
たまたまテレビで見ていたけど、大人げない行動だ。個人的には、質問に立った(質問はしていない)辻本清美は低レベルの国会議員だと思っている。そんな相手なら余裕を持って受け流さないと。
ヤジは嫌いなので、安倍総理を肯定はできませんが、あのグダグダ前置きを話されると、言いたくなる気持ちは多少わかります。
ビジネスでも「で、言いたいことは何?」は度々遭遇。
が、一国の総理、そこは発言は気をつけて欲しい。きっと相手がオバマだったらこんなこと言わないはず。

が、「政党としてどうなのか?」は民主党には100回くらい言いたい。