• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

1ドル=160円に備える為替トレーダー、高まる介入リスクお構いなし

Bloomberg.com
45
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • badge
    (株)TOASU特別研究員(経済評論家・コンサルタント)

    「日本の通貨当局による介入という脅威」 (@@。
     円高を想起せる情報、円安を想起させる情報が様々溢れる中で、市場参加者がそれぞれに思惑を持って取引した結果が今のドル円相場です。今ある情報があらゆる角度から分析されて、今の相場に反映されている以上、今後の相場を決めるのは、今は誰も知らないこれから出て来る新しい情報です。自ら意思決定して相場を動かす力を持つ通貨当局の内部情報を知るのでない限り、今ある情報を如何に分析しても、先の動きが分かる筈がありません。先のことは分からないといったら商売にならないので“専門家”はもっともらしい予想を立てますが、どれも、数ある予測の一つで当たるも八卦当たらぬも八卦程度に捉えて置くのが良さそうな気がします。
     通貨当局による介入はいつあってもおかしくない状況ですが、強烈な円安圧力が掛る中で介入に踏み切れば、介入に賭けた投機筋を儲けさせるのみならず、介入による一時的な円高を絶好の局面と捉える投機筋を更に儲けさせる結果になりかねません。そうなれば、介入は脅威どころかチャンスです。介入するかどうかの判断そのものが、円安を止めたい当局にとって、もはやギャンブルに近いんじゃないのかな (・・?
    異次元という名の異常な緩和が生んだ灰色のサイが、これ以上暴れ出さなければ良いけれど・・・ (・・;


注目のコメント

  • badge
    追手門学院大学 経済学部 教授 兼 経営・経済研究科 教授

    日本の輸出企業が円安を活かして米国向け輸出を増やし、対日貿易赤字が急拡大するような事態になれば、米国財務省やFRBが慌てて為替介入を持ちかけてくるかもしれません。それまで円安ラッキーと考えて、輸出企業はたくさん稼いでくださればと思います。


  • デイトレーダー

    いつも思うが、金融のプロほど当てにならない。
    そのうち、156円が介入ラインと言い出す。要は当たるまで言い続ける。

    そして、介入したら当たったでしょう!という。
    別にいいが、とりあえず静かにしてほしい。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか