• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

イランのイスラエル報復攻撃「間近」か、バイデン氏「やめろ」と警告

REUTERS
118
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 小野 雅裕
    badge
    NASA Jet Propulsion Laboratory 技術者・作家

    しかし「やめろ」と公に言われてハイヤメマスって引き下がったらメンツが立たないのでやりますよね。。。。ならば「やめろ」と言わない方がメンツを潰さずに引き下がる逃げ道を残せるのでは・・・・まあ、僕は素人ですし、外交は分かりません。。。


  • 菅原 出
    badge
    国際政治アナリスト 危機管理コンサルタント

    米国の情報機関は、金曜日か土曜日にイランがミサイル及びドローンでイスラエルを攻撃する可能性が高い、と考えているとのこと。バイデン大統領がここまで発言しているということは、米情報当局はイランがミサイル等を発射する準備をしているところや、そのような攻撃計画を最高指導者に提案しているという確たる証拠を掴んでいるもの、と考えるべきでしょう。
     バイデン政権は欧州やアラブ諸国経由でイランに対して攻撃を思いとどまるよう働きかけをしているようです。
     その一方で「イランがイスラエルを攻撃した際にはイスラエルを守る」と表明することで、イスラエルに対して過剰な反撃をしてさらにエスカレートさせることを抑制しようとしているようです。
     しかし、イランに対しても、イスラエルに対しても抑止は効かない可能性が高く、非常に危険な状態です。米軍はイスラエル軍に対して、イランから攻撃を受けた際の対応計画を共有するように働きかけている、と言われています。イスラエルがどのような反撃計画を持っているのか米軍が把握しておらず、意図せずに米軍の介入を余儀なくさせるような事態になることを米側が懸念しているというのです。
     イランは、イスラエルとの全面衝突を回避しつつ、シリアの外交関連施設を攻撃されたことに対する報復をしたいとのことですが、これは非常に難しいはずです。どんな攻撃であろうと、イスラエルは全力で反撃する可能性があり、さらなるエスカレーションが避けられなくなる可能性があります。
     今日、明日は中東情勢から目が離せません。


  • キアラシ ダナ
    NewsPicks 記者

    もちろん、イランも含めてエスカレーションが望みなわけではないので「やめろ」と言いたい気持ちは分かる。ただ、半ば軍事独裁に近づくイランが隣国の大使館領事部を空爆され、この4年間で最高位の軍人を殺害されたわけで、「やめろ」と言われたからやめるという話でもないだろう。

    アメリカはこれ以上イスラエルにお付き合いしてイランとの戦いにハマり込むのなんて真っ平ごめんというところ。ただ、イランからイスラエルへの直接攻撃があればなんらかのアクションを取らざるを得なくなる。それこそが実はイスラエルが望むシナリオなのでは?という専門家の見立てをこちらの記事で紹介しています。

    https://newspicks.com/news/9351187/


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか