• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

[この記事は掲載が終了しました]

21
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    東京大学 公共政策大学院教授

    トランプは人工中絶を認める最高裁判決である「ロー対ウェイド」をなくしたことを手柄としているので、バイデンはそれを攻撃対象にしている。しかし共和党の中にも人工中絶を可能にするよう要請する勢力もあるため、各州にボールを投げて、自分では判断しないという対応となったのだろう。おそらくトランプが置かれた立場を考えると、これは政治的に正しい判断。この選挙戦を通じて感じるのは、トランプの政策の良し悪しはともかく、筋が通った説明をしているということ。


  • メーカー Finance & Accounting 財務

    「トランプ氏は「住民投票や法整備によって各州が決めるものだ」と指摘。規制権限が各州に委ねられている現状を維持し、連邦法制定によって全国で規制する考えはないことを明らかにした。」

    トランプ氏は普通の事を言っている。その通り。


  • 会社員

    妊娠中絶の問題はアメリカ政治において毎回争点になる話題の一つですね

    宗教的な考えに基づき中絶を認めない保守派と女性の権利として中絶を認めるべきとするリベラル派で意見が真逆に分かれている状況です

    妊娠中絶を権利として認めた有名な判決としてロー対ウェイド事件がありますが、トランプ政権時代に任命された最高裁判事がこの判例を覆す判決を出したはずです、、、

    お前がはじめた物語だろと言いたいところですがトランプはあまり党派性に影響を受けない政治家なんでしょうかね


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか