• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

Y Combinator W24採択の注目スタートアップ

Coffee Break with Startups
74
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 平川 凌
    NewsPicks Content Curator

    C向けサービスでは、YouTubeに投稿できるような動画の生成、映画脚本の生成、楽曲生成など、同じようなサービスがほとんど。数年前のAirbnbや、Uberになりそうな会社は見当たらなかったことが印象的でした。

    B向けでは、打倒Snowflakeの会社だけで3社ほどありましたね。

    ちなみに今回もサムネはDALL·E 3での生成なのですが、めちゃくちゃ精度上がっていません?びっくりしました。


  • 芝先 恵介
    株式会社トラベルテックラボ 代表取締役

    今回のバッチでは187社がピッチでAIに言及し、86社が自社をAIスタートアップだと言及しています。ChatGPTに代表される生成AI技術の発展を受けて、AIを活用した新たなサービスを展開するスタートアップが増えています。

    - B2B SaaS/エンタープライズ分野の拡大
    採択企業の65%がB2B SaaS/エンタープライズ分野のスタートアップです。企業の業務効率化や生産性向上のニーズの高まりを受けて、この分野への参入が加速しています。

    - バーティカル特化型のAIソリューション
    非営利団体向け銀行プラットフォームのGivefront、物理シミュレーション高速化プラットフォームのNavier AIなど、特定の業界に特化したAIソリューションを提供するスタートアップが目立ちます。

    - XR(VR/AR)関連スタートアップの減少
    一方で、XR(VR/AR)関連スタートアップへの投資は、生成AIブームの影響もあり一時的に冷え込んでいるものの、アップルのVision Proの発表など大手企業の参入により、今後も着実に進化していくと見られています。

    - 日本からのYC応募が少ない
    日本からのYC応募が少ない背景には、国内シード期の資金供給不足などの課題がありますが、日本発のユニークなプロダクトには大きな可能性があります。日本のスタートアップがグローバル市場に挑戦していくことが期待されます。


  • 海野 悠樹
    株式会社ユーザベース セールス担当 執行役員

    27,000件の応募凄い。その中から260件が採択されたとの事で、Salesタグがついているのも見ましたが16件でした。
    あらゆるデータを統合して、自動で見込み客を特定します。というZoominfo的なソリューションが多そうでした。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか