• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

首相、8日から訪米 強固な日米同盟アピールへ 9年ぶり国賓待遇

毎日新聞
25
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 黒瀬 浩一
    badge
    りそなアセットマネジメント株式会社 チーフストラテジスト チーフエコノミスト

    今年のダボス会議では、日本の評価が豹変したことが話題になりました。かつて日米貿易摩擦の時代に日本はルールブレイカー(違反者、今の中国のような位置づけ)、その後はルールオブザーバー(守る)、そして今はルールメイカー、と。米国が前面に出てルールを作るとエゴ丸出しだと世界中で反発されます。しかし、日本が前面に出て修正してくれるなら、まあお任せするという位置づけです。日本のソフトパワー全開と言えます。TSMCなど補助金のルール、水素供給のルール、などです。欧州勢が好き勝手に作っていたどう考えてもおかしいルールは沢山あります。たとえば、脱炭素が電気だけに偏っており、日本企業が得意なヒートポンプなど電気を経由しない手法を排除しようとするのです。日米の協力は日本に多大な国益をもたらすと思います。この協力関係を強固なもの日米首脳会談になると思います。


  • 大市 真也
    私立高校 私学教員, MBA

    アメリカから独立していかないと、良くならないと思います。


    首根っこ掴まれて、飼い慣らされてるうちは、全然自国民への還元はないでしょうね。


  • 大見謝 恵
    ユニバース・インベストメント合同会社 代表社員

    米日が「グローバル・パートナー」なわけないでしょう
    言葉の使い方が間違っている

    両国は,米国の覇権を維持するための同盟関係なのだから


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか