新着Pick
14Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
確かにトヨタの国内日当たり生産計画によれば、4-6月期は平均1.2万台前半の低水準の見通しですが、7月以降は1.3万台以上の水準に回復する見通しですので、7-9月期の生産には期待したいです。
軽自動車は、維持費の安さや実用性などの面で、長期的に需要を拡大してきた。自工会データによると、2014年(暦年)の生産台数は186万台。軽自動車はその他の車種と違い、生産台数のほとんどが国内販売で消費されている点が特徴。同年の販売台数は183.9万台で、販売台数全体の約39%を占める。2014年度税制改正において、2015年度新規購入分から軽自動車税が従来の1.5倍(年10,800円)となり、今後の需要に影響を与える可能性がある。