• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米ボーイング機の安全性問題を告発した元従業員、遺体で見つかる

120
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 製造業 Financial Planning Manager

    告発していた内容の真偽を含めて真相は分かりませんが、部外者がはたから見て、タイミングが明らかに不自然と感じざるをえないので、大変不謹慎ですが、ロシアならともかく映画のような出来事がリアルに起こるのかと驚くばかりです。

    ※これがグローバルスタンダードなんでしょうか(皮肉)。「グローバルスタンダード推し」「アメリカ推し」のPROによる解説コメントをお待ちしています。


  • 外資系運輸 翻訳

    確かにここ数年、ボーイング787の納期の遅れは指摘されています。
    これは直接、ボーイング社の顧客である航空会社の運営に影響を与えます。例えば、フライトスケジュールや路線の変更、機材変更による予約数の制限などが生じる可能性があります。

    最近は、ボーイング社のいくつかの機材で、安全性の問題が指摘されていました。
    この記事の中では、特に機内酸素供給の不具合が生じる可能性が懸念されています。

    では仮に、これらの課題が解決されないまま、このような機材を実際に運行すると、どのようなケースが起こり得るのでしょうか。

    具体例を挙げますと、何らかの原因で、機内で急激な気圧の変化が起こった場合、通常は、天井から酸素マスクが座席に降りてきます。しかし、ここではこのシステムが、全ての座席では機能しない(かもしれない)という問題が生じます。満席の場合は、現場の乗務員がその場で迅速に対応するしか方法がないものと思われます。

    前述の通り、納期の遅れからくる焦りも、もしかしたら現場の判断を誤らせているのかもしれませんが、これは、機内の安全性への信頼が問われる事態です。


  • badge
    アナウンサー

    コロナ禍を経て飛行機での人の行き来が再び活発になっていますが、それに伴って整備不良による飛行機の遅延や違う空港への着陸、ミスなどが世界では頻繁に起きている気がします。先日メキシコに行ってきたのですが、友人はメキシコシティからアメリカのある都市に行くのに通常ならば4時間かかるところを飛行機の整備ミスが重なり、二度も違う空港に降ろされ、合計で24時間かかったそうです。命を預かる航空機ですからミスは許されないわけですが、こうした記事を読むと自分達でも自分達の身を守れるよういろいろな情報を集め精査できるようにする必要があると感じさせられます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか