• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

短期金利「コントロールしていくこと可能」、当預への付利活用で=日銀総裁

23
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 研究者、ジャーナリスト、編集者、作家、経済評論家

    ちょっと難しい表現ですが、日銀は銀行が持つ日銀当座を通じて市場の通貨量をある程度コントロールできます
    市場の通貨量を減少させると債券価格の下落が起き、金利が上昇します(逆も然りです)
    短期債で作用すれば短期金利をコントロールすることができる、ということですね


  • badge
    追手門学院大学 経済学部 教授 兼 経営・経済研究科 教授

    アララ、植田総裁は、かなり細かいところまで踏み込んでおられます。0.1%の政策金利が、コールレートの上限になるとおっしやったわけですか。
    これを実現するためには、日銀が0.1%の金利を支払う当座預金残高について、何らかの枠(限度額)を設け、これを超過した金融機関にはゼロ金利とするみたいな「二層構造」の金利体系にする必要があります。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか