• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

福島第1原発1号機、内部調査中止 有線ケーブル届かず

13
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • 株式会社MINGO 代表取締役

    この調査は、原子炉の土台(ペデスタル)の内部を撮影し、その損傷の程度を確認することを目的としていました。
    使用されたヘビ型ロボットは、狭いスペースや困難な地形を操縦する能力を持つため、このような環境に最適な選択肢です。
    しかし、ロボットが格納容器内を進んでいく中で、有線ケーブルが延伸できなくなり、調査は中断されました。これは、放射能の高い環境下での技術的な困難さを浮き彫りにしています。
    ケーブルが適切に機能しなかった原因はまだ明らかになっていませんが、これは放射線による損傷、瓦礫による物理的障害、またはその他の技術的問題である可能性があります。

    この中断は、廃炉作業の複雑さと予測不可能性を示しています。調査の再開のめどが立っていない状況は、廃炉の困難さをさらに強調しています。
    技術的障壁を克服し、安全に作業を進めるためには、更なる研究、開発、そして試行錯誤が必要です。

    この事例は、福島原発事故の影響が依然として深刻であること、そしてその解決には長い時間と持続的な努力が必要であることを示しています。
    はっきり言って絶望的ですが、もんじゅ同様、小さく報道して隠してはいないと言い続けるしか無いのです。。


  • News Picks Curation Team intern 学生

    東京電力は29日、福島第1原発1号機の溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の取り出しに向けた原子炉格納容器内の調査を中止したと発表。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか