• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=米財務副長官

42
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    (株)TOASU特別研究員(経済評論家・コンサルタント)

    「中国からの逆風が米経済に大きな影響を与えることは懸念していない」、「根本的な懸念は、中国の過剰生産能力が世界経済に打撃を与えることだ」 (@@。
    米国の輸出に占める中国の割合が7%程度にとどまるのに対し、日本の輸出に占める中国の割合は20%以上に上ります。中国と米国を除くと日本の主な輸出先が対中貿易依存度の高いアジアの国々に集中しているのに対し、米国の貿易は欧州、カナダ、メキシコ等に分散し、対中依存度は相対的に低いはず。
    世界経済をリセッションに追い込むほどでは無いにせよ、中国の過剰生産能力が鉄、アルミ、太陽光パネルといった品々の低価格輸出で貿易摩擦を引き起こし、関連国の産業が影響を受けたことは何度もありました。冒頭に引用した言葉にある通り、中国の内需減少で過剰生産能力が生まれると、輸出に圧力が掛って先ずは米国以外の諸国に大きな影響を及ぼし、それが米国に一定程度波及するルートを辿るように感じます。「イエレン財務長官は来週、ブラジルで開催される20カ国・地域(G20)財務相会合に合わせ、中国の過剰生産能力を巡る懸念を表明する見通し」とのことですが、米中対立が激化する中で、中国がどれほど耳を傾けるものなのか。それなりに難儀なことではありますね (・・;


  • badge
    日本総合研究所 理事

    需要を減らす動きであれば心配ですが、供給が増える動きならそこまで心配しなくてもいいと思います。米国からこの手の問題を指摘する声が出るということは、それだけ米国内に景気不安要因が少ないということかもしれません。


  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    インフレ抑制効果もあるかもしれませんね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか