• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

プーチン氏は「クレイジーなクソ野郎」、バイデン米大統領が不満爆発

75
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

選択しているユーザー

  • badge
    東京大学 公共政策大学院教授

    まあ、バイデン大統領の言葉使いは今に始まった事ではないので驚くことではないが、そうしたひどい連中がいたとしても、これまでアメリカは何らかのアクションを通じて世界の秩序を維持しようとしてきた。でも、バイデンにそうした気概も気力も感じない。


注目のコメント

  • badge
    株式会社ボードアドバイザーズ プリンシパル

    ちなみに、そのクレイジーなクソ野郎であるプーチンは、14日のインタビューで、バイデンは「彼は経験がより豊かな人で、予測可能だ」(次の米大統領になるべきは)「バイデン氏だ」と話していました。向こう岸の泥試合を横目にしれっと大人アピールし、意外性を巧く操って混乱させるコミュニケーションはプーチンのお家芸か。

    いずれにせよ選挙のエンタメ化には辟易しますが、バイデンが集会で語った内容は以下のようです:

    We have a crazy SOB that guy, Putin, others. And we always have to be worried about a nuclear conflict. But the existential threat to humanity is climate

    人類にとっての実存的な脅威は環境問題にあるのに、クレイジーなクソ野郎(よく見るとothersとあるので、プーチンに限らず諸々の独裁者)のせいで核戦争の心配をしなきゃならない状況だよ、という感じか。

    もちろんクレムリンはその後すぐに(バイデンの発言はアメリカにとって)”huge disgrace”(大変みっともないことである)と揶揄したようです。


  • badge
    Avintonジャパン㈱ 代表取締役・大学講師・生成AI 活用普及協会 協議員

    このくらい感情を露にした方が国民の気を惹けるような気がします。人間味溢れるリーダーでないと、無機質は機械かAIに任せたらいいかなとおもってしまいます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか