• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【直撃】ベネッセMBOの仕掛け人に聞く「日本企業再生論」

NewsPicks編集部
254
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • NewsPicks マクロ・マーケット担当記者

    「これまでのMBOはアクティビストのようなアービトラージにすぎなかった」という丸岡さんの言葉が一番刺さりました。
    海外では実績のあるPEファンドですら大胆なトランスフォーメーションを成功させられず、十分なリターンを上げられていないのは、やはり経営者のマインドの部分が大きいような気がします。
    そういう意味で、創業家が腹を括ってPEファンドを選んだベネッセが今後、どのように変わるのか、とても興味深いです。


  • badge
    (株)インテグリティ 財務戦略アドバイザー/EFFAS公認ESGアナリスト/代表取締役

    ホントにそうですね。

    「アクティビストの延長みたいな、アービトラージ(裁定取引)が多い印象です」

    PEファンドのもとでターンアラウンドして再上場した会社の有価証券報告書を見たら、MBO時の借入金が乗っかってバランスシートが汚れただけに見えるケースが多かったです。ファンドがファイナンシャルプレーで儲かっただけ、と言ったら過言かもしれませんが、そのような案件ですね。

    私もMBOはこれから日本で急増すると見ていまして、今後は価値創造の部分に期待しています。


  • INCUDATA代表取締役社長兼CEO

    「マッキンゼーのレポートによると、日本ではここ10年で1000億円以上のイグジット案件が9件しかありませんでした。 アメリカは約460件です。」

    直近のスノーピークやそれこそユーザベースなど、本当にMBOや非公開化案件が日本で増えてきましたが、イグジットでの大成功はまだあまり聞かない。数年後に答えが出ますね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか