新着Pick
146Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前、財閥系総合商社の中途採用ターゲットリストを見たことがある。対象者のpreferred skillをファイナンス、投資実務、外国語、体力、人間性としている部署が多かった。

年齢範囲イメージは30歳前後(当時)が中心。2000年前後の就職氷河期世代を埋め合わせるためである。組織のピラミッドの是正と若く使いやすい人材の補充が大量中途採用の第一の目的と理解した。これには相当イマイチと思ったことを覚えている。

もし総合商社が部門ヘッド/役員クラスを国籍問わずに採り始めたら、実力主義かつ中途でも冷遇されないことを内外に強烈に示すこととなり、中途で採れる人材の質が変わるだろう
なぜ、日本の伝統的企業は、中途採用をしながらも、新卒を優遇するのかについて論じています。
日経電子版に、堂々と中途採用の募集広告出てるけど。
ちなみに知り合いが中途で物産に行ったけど、「プロパーじゃないから出世できないけど大丈夫?」と採用時に念を押されたらしい。笑
なんだか断言口調なのが、とても気になる。実際には、女性総合職の採用はしてますので、ミスリーディングもいいとこ。総合職の定義違いなのかしら。そうであって欲しい。
うーん、データもなければ、根拠もあいまいで実際とズレてる気がする。前職からもかなり商社に転職してるしね。
商社を蹴って違う業界に行かれてしまうリスクを回避するために採用時期をずらせとは、なんだか情けない話。。。
部外者の対談だが、断片的には真実も語っているのだろうし、商社にいないからこそ語れることもある。あれだけの数の部署と人間がいるので、多面性はあると思う。また財閥系とかでも色合いは違うだろうし。どこまで何を取り込むかは個人のセンスと好みの問題。
「商社一人勝ち」と言われるとさらに他の業種に内定者を抜かれるのは問題になるんだろうな。
https://m.newspicks.com/news/936532/
この連載について
世界を見渡してみると、「新卒一括採用」を行っているのは日本のみだ。このグローバル化の時代、既存の「就活」は曲がり角を迎えている。本特集では「新卒一括採用」に一家言ある論客が今後のシューカツの行方に付いて占う。