• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

「ジャックムス」「メイベリン」「ユニクロ」 2023年SNSでバズった3D屋外広告を振り返る

32
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    国際社会文化学者/ タレント(ホリプロ所属) 株式会社BeautyThinker CEO

    グローバルブランドの3D屋外広告は一つトレンドになってきました。3DCG映像を利用し、裸眼でも立体的に見えるような映像を流し、歩行者の注目を集めるというアプローチの方法ですが、相当な資本力がない限り、なかなかチャレンジできないものだとは思います。グローバルラグランジュブランドであれば、効果的な注目度を集めると思いますけどね。


  • 第5期NewsPicksStudent Picker/産業能率大学経営学部

    テレビCMや新聞広告などよりも、屋外広告の方が立体的かつ生活者が見にいけたりもするので好みのものが多いです。
    最近だと、Netflix「幽遊白書」の屋外広告で主人公の必殺技を照明を使って演出した事例があります。

    世界の規模の公共交通機関を活用する広告は、コストが掛かりすぎますが、日本の空間を活用した屋外広告であれば、人々が自発的に拡散し話題を呼ぶので、テレビCMなどのよりも費用対効果が高くなるものもあります。
    こういった面白い広告が、2024年も人々を楽しませてくれることを期待します。


  • Miro Contents Marketing Manager https://miro.com/ja/blog/

    Pick


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか