8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AI規制は、欧州が先行して米国が対抗し、中国は独自路線です。そこにG7の合意が加わり、OECDそして国連も乗り出してきました。日本政府はG7と足並みを揃えつつ準備が進んでいます。

来年はAI規制の具体的な議論が世界中で高まるでしょう。概ね方向性は見えてきました。どこまで罰則付きの禁止事項とするか、第三者認証をどのような導入するか、あたりは議論が尽きない予感がします。

安心してAIを使いたいと同時に、自国のAI発展を妨げない、という意向は各国共通です。
人工知能(AI)の恩恵やリスク、国際的な管理の在り方を検討するため国連のグテレス事務総長が設置した諮問機関が、ニューヨークで初の対面会合を開いているそう
日本から東大未来ビジョン研究センターの江間有沙准教授が出席しているそう