• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

アマゾン、低価格衣料の販売手数料を大幅引き下げ-SHEIN狙い撃ち

Bloomberg.com
58
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    ㈱ニューロープ CEO / PIIF 准教授 / 純文学小説家

    日本ではアパレル領域に苦戦しているAmazonですが、米国ではなんとネット通販市場の1/3以上を占めています。年間506億ドルも売っているというのだから驚異的。
    https://forbesjapan.com/articles/detail/64691

    ZOZOの年間流通額が5,000億強なので、ざっくり15倍くらいですね。
    それほどの売上規模があって手数料を下げるというのだから、これに伴う売上減も相当なものになるのではないかと。
    一方でSHEINの出現で低価格ブランドが苦しんでいるのが現状で、低価格ブランド群が縮小や倒産に見舞われると、将来的なダメージは更に大きなものに。
    なかなか苦しい決断だったのではないかと思います。


  • badge
    アソビュー CEO室 室長/ アソビュー総研所長

    SHEINのコスパがある躍進は凄いですね!

    最近、身近でも利用者が増えている印象がありますし、ものによっては圧倒的コスパの良さがある気がします。

    いずれにしても、飽和した(とみえる)EC業界のなかで、まだまだイノベイティブな余白があったんだなと関心します


  • 慶應義塾大学 経済学専攻

    言われてみれば、Amazonはアパレルのイメージがかなり薄い。なぜだろう。22歳大学生の視点から理由をいくつか考えてみる。その上でAmazonはアパレルで勝てる兆しがあるのか考えてみたい。

    ①「どこの服か」は重要な購買決定要因だが、Amazonには欲しいブランドがない。

    ②意識するとしないとに関わらず「この服良い」という感性には少なからずトレンドが影響するが、Amazonにはトレンド性のある服が少ない。

    ③(上を包含するが)ZOZOやSHEINからわざわざスイッチする理由がない。

    上記を踏まえると、トレンド性を求める娯楽としてのファッション領域ではAmazonは現状価値筋がないと思っている。

    一方でチャンスがありそうだと思うのは、トレンド性が少ないパックTやスウェットなど、定番が決まっているもの。今もすでにやっているが、その辺りだとAmazonが頑張る余地はあるんじゃないかなあと感じるところ。

    もうちょい具体で言えば、もうちょい商品の違いが直感的にわかるUIUX改善+重点領域を決めて品揃えを拡充+ファッションインフルエンサーなどを使って認知獲得とか


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか