186Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私の記事も取り上げて頂きました。本件は特殊なストラクチャーであり、そのガバナンス上の欠陥(穴)が、影響力が巨大化する企業の戦略や個人的な思惑など様々な要因により、内部に留めておくべき蒸気が欠陥(穴)から一気に吹き出してしまったのだと思います。

学ぶべきは米国は取締役と株主が強い権限と責任でガバナンスを効かせているという根本的なガバナンスレベルの違い。それが一連のスピード感の背景にあると思います。
ありがたいことに私の書いた記事もまとめていただきました。この記事は20日に書いたものでしたが、結局その後の報道でアルトマン氏は戻ることになり取締役会メンバーの入れ替えも発表されたようです。

これによって非営利法人として安全で人類全体にAIを還元していく、という当社の設立理念がどう変わっていくのか、まだまだ目は離せないですね。
今回の是非は歴史に検証を待つとして、ガバナンスの点から見ると、こういう意思決定が独立して行われる可能性がある、と言うのは各取締役や経営の執行側に対して緊張感と規律を促すメカニズムになっていると感じる。

日本だと、よっぽどの不祥事を起こさない限り任期中にいきなり解任されることは考え難いし、そういう心構えで臨んでいる経営陣も多くない気がする。
この連載について
自由なテーマで個人が発信する「NewsPicksトピックス」の最新情報をお届けします

業績