• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

中国、米国との「パンダ外交」再開か-再び送る用意と習氏が示唆

28
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    拓殖大学大学院 客員教授

    アメリカと中国は世界を二分する超大国だから、話し合って棲み分けをする智慧を出し合えば、米中はウィンウィンの関係になれるという結論に達した首脳会談だった。米中似た者同士の確認会議だった。


  • badge
    追手門学院大学 経済学部 教授 兼 経営・経済研究科 教授

    円安にもかかわらず日本の輸出が伸びない領域の一つに、中国向けの電子部材や機械があります。この背景には、2018年にトランプ前大統領が仕掛けた米中関税引上げ戦争のために、中国から米国向けの電子機器類の輸出が伸び悩んだことがあります。
    今回の米中首脳会談により、長いトンネルの先の出口がようやく見えてきました。しかし、喜びも束の間、トランプ再選ですべてが振り出しに戻る可能性があります。
    だから私は、このパンダたちがもたらす友情と幸運にすがりたい気持ちが強いです。


  • badge
    (株)TOASU特別研究員(経済評論家・コンサルタント)

    「再び米国の動物園にパンダを貸与する用意がある」 (@@。
    カネを払わされたり扱いに制約をつけられたりすることもあると聞くパンダ。我が国も中国に貸与を要請していると聞きますが、自国への経済依存度の高さを武器に使う近時の中国に、パンダでまで借りを作る必要がありますかね・・・ 貸したいというなら借りてあげる、くらいの対応で良さそうに感じないでもないですが f(^^;


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか