• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米経済見通し改善、インフレ鎮静化にも進展=フィラデルフィア連銀調査

22
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • badge
    (株)TOASU特別研究員(経済評論家・コンサルタント)

    雇用とインフレの間で難しい舵取りを続けるFRBですが、so far so good といったところでしょうか。米国景気の影響を強く受ける我が国としてもご同慶の至りです。
    「コアPCEも今四半期は2.7%上昇と、前回予想の2.8%上昇から伸びが鈍化すると予想される。24年末までには、コアCPIは前年比2.3%上昇、コアPCEは同2.2%上昇になると予測されている」というのが景気の失速を招くことなく実現すれば良いですが、インフレ予測は当初のところでどの中銀も外しています。3%程度のインフレ率を2%まで落として安定させるのは急激なインフレを鎮めるよりも難しい。軟着陸への期待が高まりますが、急速な利上げの影響がどのように出るかはもう少し様子を見なければはっきりしないんじゃないのかな (・・?


  • badge
    NCB Lab. 代表

    この予測が現実になれば、FRBの施策はみごとというほかありません。世界トップの経済大国をうまくコントロールしています。


  • 株式会社明治安田総合研究所 経済調査部 エコノミスト(主任研究員)

    賃金上昇率も鈍化傾向が続いていますし、CPIへの寄与度の高い住居費も9月まで6ヵ月連続で伸びが鈍化しています。住居費の先行指標である、S&Pコアロジック・ケースシラー住宅価格指数などの前年比の推移を踏まえても、住居費のCPIへの寄与は今後も低下していくと考えられます。中東情勢の緊迫化による原油価格上昇はインフレ再燃のリスクではありますが、今のところ落ち着いた推移が続いており、緩やかながらもFRBが目標とする物価上昇率2%への回帰が進んでいくと見込まれます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか