新着Pick

ブラック批判うけた「すき家」小川会長、涙うかべる「妻が近所の人に避けられた」

弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
203Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
少なくとも、経営責任を自らのものとして、主体的にそして自覚的に、問題に取り組んでこられたことは理解できる。ただ、「ブラック」と非難されたその状態こそがゼンショーの競争力を形作ってきたという矛盾にどう対処されるかが見えない。つまり、「過酷な」労働環境を普通の水準にしても競争力を維持できるかが本質的問題のように思える。適切な支援・補完メカニズムがなければ、ワンオペ、ジェネラリスト、多能工、営業ドライバー、ワンマンカーなど、言葉は違っても、それらはその性質上、実行者に過剰な責任、ストレスを与えるものの別称でしかない。個人作業は孤立させてはならず、チーム・組織、訓練、制度・メカニズムで支えることが不可欠なのは、小川社長もご存じのはず。食を支えるというミッションを完遂されることを期待します。
流石、創業者の小川会長、労働環境改善に真摯に取り組んでこられたことがよく伝わってきた非常にいい記者会見でした。50分以上の長い記者会見だったので、こういう時は、1.5倍速で見られたらと思います。
ま、批判するのは簡単やわな。世の中にブラック企業があまたあるなかやり玉にあげられたわけだが、一番批判を受けただけに、今後どのように変わるのか世間が注目している。起き上がる姿を応援している人も多いはず。近所の人も、ひょっとすると単に忙しかっただけかもしれないので、落ち込まず頑張って、ファイティング!
強面の会長だからねぇ
私は小川会長は典型的な「地獄への道は善意で舗装されている」タイプだと思うな。悪意をもって搾取した人ではなくて「すき家」を通じて消費者に幸せを届けたかったんだろう。今みんなに大人気のニトリの私の履歴書を見ているとこっち方面にハンドル切ってきても不思議ではなかった。
経営者の給料には、そういう批判を受け止める部分も含まれてるでしょうからね...。
はてブとニューズピックスでコメントカが結構ついている記事。はてブは小川会長に厳しいコメントがほとんどだが、ニューズピックスは批判だけでなく「感銘した」などいろんな声があって面白い。
私が働いていた霞ヶ関の方がはるかに残業時間が長かったですが・・・動機の連中は訴訟起こしたら全員勝利じゃないかと。

国家公務員は、基本的に労働基本法の枠外ですから、特殊な雇用環境です(労基法が適用されるという説もありますが実態ばかりそうでない)。民間に転職した後、きちんと感法律で守られていることに驚きました。