• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

金利6%に上昇「ドル定期預金」と外国債券はいい投資先か?

70
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • IT関連

    大事な視点が一つ抜けてる。
    筆者は外国債券には円高になるリスクを内包しているというが反対に円安になるなら為替変動とクーポンの両方が得られる。
    通貨分散の観点+株の先行きが不透明な場合は外国の債券(社債)に投資した方がボラが下げられるから投資する意味はある。

    こんなにも社会情勢が変わってるのに、なぜドルや円を価値の尺度としているのか甚だ疑問です。

    与沢翼さんが昨日youtubeにアップした動画が私の考えと近かったのでおすすめです。


  • 研究者、ジャーナリスト、編集者、作家、経済評論家

    為替リスクとの兼ね合いですね
    むしろ今までの低金利が異常だったと思います

    “メガバンクの一角、三井住友銀行が9月下旬にドル建て定期預金金利を年0.01%から5.3%へ一気に引き上げた。”


  • 金融サービス

    既にドル資金を保有している状態で、今後も暫くはドルのまま保有する予定ならば、選択肢の一つとして考えられる。
    ただ、私なら米国株に投資する。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか