新着Pick
177Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
腕時計としてではなく、スマホの補助デバイスとしての使われ方を追求する方向性だと思う
僕も腕時計は公式な会議以外はしない。なぜかというと必要ないから。あとは見栄張りのツールってくらいか。その時計ですら、全て父のお古なので買ったことはない
スマートウォッチ市場とは本当に興味深い。子供の頃、腕時計で電話するシーンを夢見ていた。それがすでに現実になっているだけでなく、機能的には最高峰、使い勝手も抜群であろうアップルが登場すると、我々の生活はどう変わっていくのか。そう言えば、スマホをポケットに入れていることが、ここ二三年、面倒に感じるようになった。とは言え、持って出ないのも耐えられない。結局、このイライラ感は意外と増えている。また、メモ帳もそうだ。この二年、メモの代わりにiPhoneを使っている。しかし、メモをする量は半減した。きっと、不便だからである。何にせよ、中途半端なのだ。もし、将来、スマートウォッチと、iPad(miniくらいのサイズで、電話もできるモデル)だけになれば、意外と一番すっきりすると思う。つまりiPhone(のサイズ)こそが消える運命に変わってしまうということ。
時計好きとしては、左手首がアップル・ウォッチでは寂しい。是非とも必要な用途は(残念ながら、まだ)思いつかないのだが、懐中時計なら考えてもいいかな。
腕時計の利用動向調査が面白い。半分しか使っておらず、非利用率は30代が頂点、女性の方が多いとのこと。20代の方が利用者が多いのは、社会人になってしばらくは使うということか
アップルウォッチは、感覚的にはまずは新し物好きの男子から、という感じがしますが、女性もするようになると大きなマーケットがあるということですね
見た目がWatchに似ているということしか、Watchとの共通点ありませんし、これはスマートデバイス扱いですよね。
一般の人が時計を必要とするのは、限定的な状況のみになりつつありますね。大学などの試験時は、時計はOKでスマホ、携帯はNGだから仕方なく、とか、スーツには腕時計がないとかっこつかない(あくまでファッション業界の戦略)、とか。
まだ初期型だからこのサイズとデザインだけど、将来的にいろいろ出てくるんでしょう。Watch型以外のものを増やしてほしいですね。
今電車内だけど、腕時計している人多し。だいたい80%くらいかなあ。サラリーマンは、まだしている人多いよね。僕も記事にあるように、20代はしてたけど、徐々にしなくなり、今は皆無。
有識者と雑談したところ10万円クラスの装飾を備えた時計に加速度センサーと通知のLEDひとつだけつけてBLEで連してくれるのが一番だよねって結論で合意した。