• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米住宅ローン申請指数が28年ぶり低水準、金利上昇響く=MBA

REUTERS
23
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 枩村 秀樹
    badge
    日本総合研究所 理事

    利上げの影響が最も大きく現れるのが住宅需要なので、予想通りの動きともいえます。予想外なのは、これだけ住宅需要が悪化しているのに、個人消費が堅調を維持していることでしょうか。


  • 木下 智博
    badge
    追手門学院大学 経済学部 教授 兼 経営・経済研究科 教授

    米国の債券市場関係者には、これをポジティブなニュースと受け止めてほしいところです。これまでの利上げが少なくとも住宅ローンにだけは効いてきていることの証左ですので。長期金利上昇は追加利上げの代替となりうるという一部のFRB幹部の発言を裏付けています。


  • 上野 浩太
    セールス&マーケティングの変態

    30年固定住宅ローン金利7.70%で家を買う人は減るのは当たり前といえば当たり前の話。ただ他の消費はなかなか落ちないとこがアメリカの消費大国を表していますね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか