• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

英パリサー、京成にオリランド保有株一部売却を提案-株価大幅高

35
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    (株)インテグリティ 財務戦略アドバイザー/EFFAS公認ESGアナリスト/代表取締役

    このブルームバークの記事もイマイチですね。

    英パリサーが何を問題にしているかというと、時価総額8.4兆円のオリエンタルランドの22.2%を所有している京成電鉄はオリエンタルランド株だけで1.9兆円の価値があるということになるわけです。

    一方、京成電鉄の時価総額は株価が大幅高になる前は0.8兆円しかなかった。上がった後のいまも0.9兆円。へっ?オリエンタルランドの株だけで1.9兆もの価値があるはずなのに、なんで京成の評価はそんなに低いの??と

    実際には京成の有利子負債は0.4兆円あるので、これを差っ引いて理論的な株主価値(時価総額に相当)は求められるわけですが、それでも京成の株価は安いとパリサーは見ています。

    というわけで、売っ払って本業への投資か株主還元に回しなさいという、あまり芸がないというツッコミもあろうかと思いますが、単純明快な主張をしているにすぎません。

    東証が仕掛けたPBR1倍割れ何とかしなさい問題やガバナンス改革等々を政府が全面的に支援し、さながら資本市場開国宣言をしている日本を見て、パリサーにかぎらず世界の主要な投資家が日本での戦闘態勢を強めています。


  • B2Bデジマ担当

    オリエンタルランドのことをオリランドって略すのはいいのか…?なんのことかタイトルだとわからなかった。


  • FS業 営業部

    オリエンタルランドの時価総額を考えると保有したい気持ちは理解できます。京成電鉄は、これを失うと切り札がなくなりますので。少しずつ売却しながら、投資を続け軌道に乗れば良いのですが。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか