• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ECB、利下げは「かなり先」=レーン専務理事

4
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • 株式会社 明治安田総合研究所 経済調査部 エコノミスト

    レーン理事はハト派寄りのECB高官とみなされており、同氏の物価安定重視の発言は目を引きます。
    賃金動向に加え、夏場以降原油先物価格が上昇傾向となっており、ECB9月会合の想定(82.7ドル)を大きく上回って推移している
    ことがタカ派寄りの発言につながったとみられます。次の経済見通し(12月会合)での物価見通し上方修正が警戒されます。
    もっとも、8月のユーロ圏小売売上高は前月比1.2%減と市場予想(同0.3%減)を大きく下回り、GDP見通しは下方修正される可能性が
    高いと考えられ、追加利上げの確度は低そうです。
    金利スワップ市場は2024年6月からの利下げ局面入りを織り込んでいますが、その見方に違和感は感じません。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか