今日のオリジナル番組


詳細を確認
スタートアップのあるべき姿【Luup岡井大輝】
本日配信
432Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
同じ小売店でもAmazon Goと、スタバやマクドナルドとのユーザー心理・行動は異なるから、どちらが“正”というわけではないと捉えています。一方で、モバイルでの注文が先なら、GPSで近くに来たことを察知する方が、ユーザー・企業双方にとって良いというのは間違いないでしょう。
様々な新しい決済体験が記された示唆のあるレポート。
利便性とセキュリティの向上はいつもトレードオフの関係にあるので、端末・認証(ID)・別アプリの組合せ等でフリクションレスになる世界の可能性を感じます。
ただ、人によってはいつの間にか支払いが終わっている方が不安に感じ、支払い行為だけは自身の能動的なアクション(ボタンのクリックやQRの提示)で実感したいというニーズも大きそう。この辺りの価値観と行動がどのように変容していくのかは要ウォッチです。
それにしても、スタバの重要なコンセプトであった「サードプレイス(第三の場所)」も、いつのまにか売上の74%がテイクアウトになっていることの方が衝撃でしたw
マクドナルドの店から3分の距離になって調理を開始する。この仕組みは利用者にも店側にも便利で良いですね。
だんだん、人類が猿だったころの狩猟採集に近くなっているのが、面白い!
スキャンレスペイとは、事前に注文していた商品を「スマートフォンのGPS機能によりドライブスルーレーンに並んでいる顧客の位置を把握することで、QRコードをスキャンしなくとも顧客を特定して注文品を渡せる機能」のことだそう。(激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログより)

顧客体験は以下のイメージだと考えられます。
お客さんが注文→店舗の近くに入る(GPSで捕捉)→調理開始→お客様が到着→名前で個人を特定→渡す

既存のアマゾンgoは清算ミスが多く、アマゾンoneは個人情報管理で課題があり、スムーズなレジ決済という点で有望だと言います。
日本の店舗の場合、スタバもマックも、それほど待つか?という疑問もあるので、こういう仕組みがどこまで必要とされるのでしょうか。
オペレーションの効率向上に寄与するならば、普及するのかもと思います。

↓以下は記事中の情報
スタバが実験中の顧客体験は以下
「アプリで注文と仮払いの済んだ客が、店舗のドライブスルーレーンに到着した際に注文ゲートで名前を告げるだけ。実は、このときに顧客のスマホのGPS位置情報がアプリを介して店舗に送信されており、注文客のスマホの位置情報と「到着済み」の合図が一致すれば、高確率で注文客本人である」(記事より)

ジオフェンシング技術とは、IT用語辞典によると
「携帯端末の位置情報を利用して物理空間内に仮想的な「柵」(fence)を設け、システムが境界の出入りを検知して所定の動作を行う仕組み。」
事例になっている広大な場所に一店舗だけあるドライブスルーでは機能するかもしれません
密集した場所にお店が集中しているとGPS位置情報での本人確認はどうなるのでしょうか。
個人的にはQRが反応しない場合はNFCへのタッチが便利な気がしていますが全く普及しないですね
ーーーー
顧客のスマホのGPS位置情報がアプリを介して店舗に送信されており、注文客のスマホの位置情報と「到着済み」の合図が一致すれば、高確率で注文客本人であることになる。
私もその一人なので何も言えないですが、「わざわざスマホを取り出してQRコードを提示する手間が面倒だと思」っている状態、良くも悪くもすごい時代だなぁと改めて思いました。
10年前まではお財布を取りだして小銭を取り出してお会計するのが当たり前だったのに、今やそれよりも楽なQRコード決済ですら億劫になってしまっているという...
そこに技術が追いつこうとしているのもすごいですね。
名前を告げるところは、注文番号やスマートフォンのNFC機能に置き換えられそう。
現実的には難しくても、全ての決済がスキャンレスになれば、決済端末(レジなど)を無くした店舗も可能になる。
同じシステムを店舗内での注文に利用できれば、ハード的にはコストダウンとなるかもしれない。
QRコード見せるのが手間という感覚は持ち合わせていません。
ドミノピザは事前決済で店頭では予約時間と名前だけで受け取れます。
精神的フリクションがあるAmazon Goは失敗し、顧客はさらに良い体験を求めるのですね「客は待たされることがなく、スマホを取り出してQRコード読み取りをする手間もない。何よりも、モバイル注文をする顧客は、通常のドライブスルー客や店内で食事をする客と比較してより多くのお金を落としてくれるという。」
Whole Foods Market is the world's leading retailer of natural and organic foods by units and is the first certified organic grocer in the United States.

業績

Amazon is a leading online retailer and one of the highest-grossing e-commerce aggregators, with $386 billion in net sales and approximately $578 billion in estimated physical/digital online gross merchandise volume in 2021.
時価総額
263 兆円

業績

McDonald's is the largest restaurant owner-operator in the world, with 2023 system sales of $130 billion across nearly than 42,000 stores and 115 markets.
時価総額
29.8 兆円

業績

トヨタグループ傘下。エンジン関連等の自動車用システム製品、ETC・カーナビゲーション等の自動車関連製品を中心に、生活関連機器や産業機器等も手掛ける。主力の自動車部品では国内外で高いシェアを有する。
時価総額
8.67 兆円

業績

Starbucks is one of the most widely recognized restaurant brands in the world, operating more than 38,000 stores across more than 80 countries as of the end of fiscal 2023.
時価総額
15.0 兆円

業績