16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近のデータというのは何をいうのでしょうか。これまでGDPを牽引してきた不動産市場の崩壊、若年層の失業率の高さ(中国政府は公表しなくなった)、消費の減退などを考えれば、安定化の兆しというのはみられません。まあ、予測なので、めくじらを立てる必要はありませんが。
問題は、中国政府が経済構造改革にどれだけ本気なのか、あまり見えてこないことだと思います。次の三中全会で有望な経済改革プランが出てくればいいのですが。
GDPの3割を占める不動産がバブル崩壊していますので、"安定化の兆し”というのはどうでしょうか。