今日のオリジナル番組


詳細を確認
成功企業に学ぶ「令和のマーケティング戦略」
本日配信
139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日産ブランドは欧州においてはBEVブランドに転換する必要性が高いと考える。一方、米国、アジアはBEV、HEVを上手くミックスしたパワトレ戦略が必要である。欧州においては、まずはルノーとの協業でBEVがスケールしやすいことに加え、ルノーが有するソフトウェア、金融、サーキュラーエコノミー、カーボンニュートラル事業などBEVのバリューチェーン基盤とのシナジーが作りやすい。相対的にBEVの収益性を設計しやすいのである。中国は東風汽車のエコシステムを活用した専用開発を急ぐことになるが、問題は米国だ。周回遅れは2周目に入ってきた感がある。中計での巻き返しに期待したい。
日産の欧州販売台数は30万台規模

2022年の日産世界販売台数は331万台

恐らく他の欧州各社に合わせて軌道修正(全てBEVってのを撤回)すると思うけど、まぁ欧州各社よりはまだ現実的なセンかも

高速長距離巡航が求められる欧州で、それらが実現できないBEVに全て転換するのはあり得ないけどね
陸続きの欧州はディーゼルエンジンで150km/h巡航1000km走行って便利なソリューションをみんな知ってるので
BEVは近距離移動向けで限定的

ユーザーニーズを完全無視するなら兎も角(ならば売れないってだけ)
自動車大手。ルノー、三菱自動車との連携により事業の効率化を図る。電動化推進を2030年までの長期ビジョンに据え、ラインナップ拡充に取り組む。運転支援技術やコネクテッドカーシステムにも投資。
時価総額
2.27 兆円

業績