新着Pick
916Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
語り継がれてきた経験談を盲目的に信じるのではなく、テクノロジーを使いながら思考をロジカルにーー。目標達成用紙を初めてみたとき、いつか話を聞きたいと思っていた佐々木監督に取材すると、花巻東が優秀な人材を輩出する理由がよくわかりました。肘の診断について聞いたときは、「ここまで足を運んで良かった」と心から思った。
佐々木監督のような科学的な指導者が増えれば、日本のスポーツ界はさらにレベルアップできるはず。とくに、選手全員の「肘のレントゲン写真」を撮影する取り組みはすばらしい。ダルビッシュ投手や田中投手が肘を痛めているのには、構造的な理由があるはずです(ヤンキースで長く活躍した黒田投手は、高校時代にオーバーワークしてなかった)
これがもう凄すぎる。「高校1年生のとき、「ドラフト1位で8球団から指名される」ことを掲げた」結果的に日ハムからドラフト一位指名(メジャー挑戦表明してた)を受けた。有名な話だけど、本田もセリエAや日本代表での10番を卒業文集で書き、イチローも石川遼もプロ入りを卒業文集で。未来を見据えてそれに向けてひたむきにずっと練習できる執念をもった者だけがこうしてビッグになるんだろうなぁ、と改めて。
夢と目標と決意の区別。なるほど。痩せたいという決意を目標に落とし込まなければできない。というのは非常に納得
大谷選手を逸材から怪物に育て上げた佐々木監督の科学的なアプローチは素晴らしい。大谷選手の様な逸材は多くはいない。ただ、花巻東で育った選手の多くが優秀な指導者として活躍するということは考えられる。その点でも佐々木監督の日本の野球界への貢献度は高いと思う。
素晴らしい。短期的な成果ではなく、長期的に選手として活躍できるように成長のピークを想定する。こういう指導者が増えるとスポーツ全体の底上げにつながると思う。
佐々木監督がどうやってその指導方法を身につけるに至ったか、ということにも興味あるなぁ。
この目標達成用紙、応用範囲が広い。これに量的な評価軸を加えることで、非常に有効なPDCAツールになりますね。
なるほど。「夢」を「目標」に橋渡しするツールの一例。
いや〜素晴らしい!
花巻東から偶然、雄星や大谷が現れたのでなく、佐々木監督の指導があったから。肉体も精神もそのメカニズムを理解させ具体的に目標設定させる「目標設定表」は、ほんとに素晴らしい。
仕事でも数値でスタッフに見せれば、分かりやすいですよね。論理的で数字で納得し、動いてもらう。重要なことです。
日本ハム株式会社(にっぽんハム、NH Foods Ltd.)は、大阪府大阪市北区に本社を置く大手食品加工メーカー。ハム・ソーセージ大手(伊藤ハム・プリマハム・丸大食品)の一角で、業界首位。1942年(昭和17年)に創業、プロ野球チーム北海道日本ハムファイターズの親会社でもある。 ウィキペディア
時価総額
4,994 億円

業績

株式会社西武ホールディングス(せいぶホールディングス、Seibu Holdings Inc.)は、西武鉄道やプリンスホテル、及び埼玉西武ライオンズ等を傘下に持つ、西武グループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
6,307 億円

業績