• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

2024年世界成長率2.7%に OECD、中国低迷で予測下げ

13
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • badge
    追手門学院大学 経済学部 教授 兼 経営・経済研究科 教授

    注目される点としてドイツの23年がついに-0.2%のマイナス成長見通しです。また、中国の24年が4.6%と成長率が5%を下回ります。さらに日本が23年1.8%から24年は1.0%のブラス成長に減速します。
    6月のOECD見通しと比べ米国、メキシコ、ブラジルなどが23年、24年とも成長率が上方修正されました。上方修正幅の大きい国は、ロシアが23年プラス2.3%ポイントで0.8%のプラス成長、24年プラス1.3%ポイントでプラス0.9%成長となっていて、経済制裁が余り効いていないように見えます。
    逆に下方修正幅の大きい国は、アルゼンチンが23年マイナス0.4%ポイントで-2%のプラス成長、24年マイナス2.3%ポイントで-1.2%のマイナス成長です。


  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    合わせて世界経済の4割以上を占める米中経済がいずれも24年の経済成長率減速ですから、やむ無しです。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか