新着Pick
553Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今週は、引き続き就活について。とりわけ、学生の内定辞退を防ぎたいあまりハラスメントをしてしまう人事とそんな現象が起きてしまう背景に付いて論じています。
就職戦線異状なし という映画が、こんな感じの話だったような。時代は巡る。
東大が秋入学、秋卒業を検討するとか言ってたとき、秋に卒業してから、半年で就活して春入社の流れになったらいいなぁと思ってたんだけど、識者的な人が全くそういうことには触れなくてびっくりした。就活は大学を卒業してから、卒業時の実績を引っさげて…の方が、大学も企業もお互いハッピーじゃないかなぁ。
オヤカク‼ 大学選びの反対に辟易し、就職、結婚、独立。すべて事後報告の身としては意味がわからない。アドバイス聞くのはいいけど、自分の人生自分で決めましょう。

売り手市場につき、人事は必死です。歴史はくりかえず。だけど時代の変化を感じます。
何だかなぁ。新卒採用のあり方がどんどん誤った方向に暴走してしまっている気がする。「新卒一括採用」自体は、世界的にみても極めて優れた社会システム「だった」が、現在のそれは明らかに常軌を逸してる。今回の採用活動後ろ倒しだって誰も幸せになってない。そこに何の打ち手も打てていないことに歯痒さしか感じない。
入社する前からやめたいひと無理やり引き留めて、一生懸命働いてくれるわけないんだけど。自分に向いてる仕事、自主的にやりたい仕事に就ける若者を増やすことが、その人の人生を豊かにして、ひいては社会の生産性も高まる(労働マッチングがうまくいくので)と思うのだが、20歳そこそこの大学生相手に、やってることがセコイ。
内定辞退率で人事担当者を評価→人事担当者は、良い人材を探すことではなく、内定辞退されない人を採用するようになる→よい人材が集まらなくなる。さらに、内定辞退しようとする人を追い込むようになる→このことがすぐ学生に広まる→不人気企業に→よい人材が集まらなくなる→業績不振に→少ない優秀な社員が離脱→更なる業績不振に。
つまり「従業員を減点法で評価すると企業は滅びる」分かりやすい例ですねー。
KPIだけでマネジメントしようとするからおかしな現場の動きを誘発する。確かに数字で部下を管理すると楽だからね。仮に営業だとしても、BtoBだと、1人の力で決まることなんてほとんどないから、複数の視点が必要。
オワッてる。。
早くこの捻じれを解消したい。ドワンゴ社の採用面接が昨年から有料化するなど、課題感を持っている方は多い。今回のオワハラについての認知度向上の活動は、現在の不合理な倫理協定を遵守する企業をなるべく守るだけのもので、根本解決ではない。
最終的には大学1年生であってもいつでも内定がだせるのがよいだろう。すでにワークスアプリケーションズ社などは実施している。今後、高等教育改革に取り組んでいくが、大学入試改革・授業内容と教授の指導方法改善・大学の評価基準と就職活動時の評価方法の変更。入口、中身、出口それぞれに改革を進めれば、より社会で活躍できる人材を育成できるはず。特に出口の部分は企業側の協力が必要になるため、政治側からの情報発信を強化していきたい。
もう今の採用の仕組みが限界。
企業の競争力を落としてるような気がする。
新卒、中途関係なく通年採用すればいいんじゃないの。

それにしても氷河期時代を経験した私から見たらなんとも贅沢な話。おかげで会社にあまり依存せず自分のスキルで生きていく術は身に付けられたけど