• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米議会下院がバイデン大統領の弾劾調査開始へ 次男のビジネスで「影響力行使」と野党が追及

3
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    上智大学 総合グローバル学部教授(現代アメリカ政治外交)

    下院で通って「訴追」となっても、ほぼ確実に上院で止まり、不成立。共和党の一部にも今回の弾劾の動きには強い批判がありますが、それでも選挙を戦う上では支持者固めにつながるかどうか。

    前言撤回で弾劾審査開始をマッカーシーは下院全体で投票せず。共和党側の反対派も30はいるとみられ、投票するのは逆効果と判断。17年ペロシは民主党内の反対派を一人ひとり説得し、下院全体の投票を待ってトランプ弾劾審査開始を進めましたが、マッカーシーは前例にそわないことを決定。「11月に上院訴追が選挙のタイミングでは最善」という狙いがあるとされていますが、その日程で反対派を説得するのは時間切れとみたのかと思います。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか