今日のオリジナル番組


詳細を確認
成功企業に学ぶ「令和のマーケティング戦略」
本日配信
124Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
加熱するふるさと納税でどれだけ人気を集るかわかりませんが、「柊野(ひらぎの)」という地域ブランドのPRという視点でみると、巧みな情報発信行為だと思います。
2000年にアップルが日本語標準フォントとして一気に知名度を上げたヒラギノフォント。
iOSをお使いの皆さんにとってはお馴染みのフォントかもしれません。
文字の線と線の空間がどこを取っても均一になるようにデザインされており、遠くからでも見やすいという理由で高速道路標識にも採用されています。

このフォントが京都発なのを初めて知った方も多いと思いますが、さらに興味深いのは半導体洗浄装置で高い世界シェアをもつSCREENホールディングスの子会社が開発・販売している点だと思います。
文字や写真などのデータを自動で組み上げるシステムを作っていたのですが、理想のフォントに出会えず、無いなら作ろうの精神で生まれたフォントでした。

「えっ、この企業がこんなものを手がけていたの?」
の例として頭の片隅に置いておくと、何かの拍子に話のネタになるかもしれません。
京都市と京都のSCREEN社の施策。ふるさと納税にフォント。これはパッケージやけど、ソフトウェアやアプリの返礼ってよろしいね。地域のデジタル産業を育てる意味でも。
ヒラギノフォントが京都にゆかりのあるものだとは知らなかった。
ふるさと納税を通したプロモーションとして、とても良い例だと思います。
良い発想です。
どうせなら今時はCDドライブが付いてない方が印象なのでダウンロード版にすれば送料いらずです。