8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
高校代表監督は明徳の馬淵さん。長打のバッターではなくバントができて堅守の選手を選出。木製バットの影響もあってか3安打0点。本番で得点力不足をどう克服するか。甲子園決勝から中4日、慶應高校の丸田選手は無安打。仙台育英の高橋投手は3失点…さすがに疲れもあるでしょうね。

対するドラフト控えた大学生は強力な布陣。東洋大の左腕・細野投手、158キロのストレート。これに刺激を受けたのか青学の日本一エース常廣投手も155キロ。野手では明治の主将・上田選手が本塁打に盗塁、浅いフライでのタッチアップなどで猛アピール。この3人は上位指名確実でしょう。

観客は約2万6000人。侍J優勝効果の熱気もまだ続いています。
大学代表のメンバーを見ると高校生が勝つのはちょっと難しいですね。大学側にも高校生に負けられない意地があると思います。特にピッチャーが良過ぎました。例え僅差でも高校生が勝つか、引き分けとして本大会へモチベーション上げて臨んで欲しかったところです。頑張れ!高校日本代表!