3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【芸能】『どうする家康』で最も注目してるのがムロツヨシ演じる秀吉。記憶してる限りだと大河ドラマの秀吉役は、勝新太郎、藤岡琢也、竹中直人、柄本明、香川照之、笹野高史、岸谷五朗、小日向文世、佐々木蔵之介といずれも名優ぞろい。

竹中直人の秀吉役はめちゃくちゃハマっていて、今でも秀吉というとすぐにこの人が思い浮かぶ。晩年の秀吉だと柄本明が最もハマっていて、失禁をしてしまうシーンなど鮮烈に記憶に残っている。この時、茶々役の永作博美が「くさい!」と失笑するのだが、これまたすごい演技だった。

ムロツヨシの秀吉は、若い頃から「腹黒さ」が見えていて、これまでの「明るい人たらし」のイメージを払拭している。姉川の戦いの時の「さーすが徳川様、冷静なご判断でー」と呟いたり、中国攻めの時に「(信長が)そろそろおらんくなってくれんかしゃん」ともらすシーンなんかはゾクっときた。

ちなみに秀吉に付随して注目したい配役は弟の秀長と、忠臣の石田三成。今回は佐藤隆太、中村七之助。秀長は良識派で、その深謀遠慮ぶりをどう演じるかが難しい。過去には高嶋政伸が好演しているのだが、高嶋はそれ以前に足利直義も演じており、弟役を演じるのが上手いと勝手に思ってる。

石田三成は、明智光秀や幕末の井伊直弼と同じで、いかに嫌味な感じを出すかが難しい。近年だと小栗旬や山本耕史あたりが上手く演じていたけれども、この2人は昨年の『鎌倉殿の13人』でも腹黒い役で好演していた。