今日のオリジナル番組


詳細を確認
成功企業に学ぶ「令和のマーケティング戦略」
本日配信
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在、行政が取り組んでいる、審査期間短縮のための代表的な取り組み。
・仮設建築物許可を担当する職員増員による審査期間の短縮。
・本来必要である、建築審査会の同意については、一定要件を満たすものは、大阪市からの報告をもって同意とみなす(個別に審議せず期間短縮)。
・確認申請業務は指定確認審査機関への申請をお願いし、仮設建築物許可の審査期間中に、事前協議・予備審査を行い、確認申請審査期間を短縮する。
・構造適合判定は確認申請提出と同じ指定確認審査機関を利用することを認め、確認申請審査機関を短縮する。
などなど。

手続の本来の流れは、以下で解説しています。
https://newspicks.com/news/8718098?ref=user_110042
2025年の4月まで準備期間があと2年も残っていないので、少し心配です。海外のパビリオンの建設を希望する50ヵ国のなかで実際に建設するのはどれぐらいになるのでしょうか。関西万博の成功のためにも博覧会協会や政府がもっと積極的に動かなければいけないのではないかと思います。
カムサハムニダ〜