12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
少しだけ手続きに関して解説。
元々、仮設興行場や博覧会建築物等に類する仮設建築物については、安全上防火上衛生上支障がないと認める場合において「1年以内の期間」を定めて、建築を許可することができました。
ただ、五輪や万博等の場合は、この1年という期間がネックとなります。
そのため、国際的な規模の会議又は競技会用途の仮設興業場等については「1年を超えて」建築を許可できるように近年建築基準法が改正されました。
記事内の「仮設建築物許可」とは、上記の許可で特定行政庁が許可を行います。
但し、1年を超える仮設興行場等の場合はまだハードルがあり、許可の前にあらかじめ建築審査会の同意が必要になります。
ということで、当初は下記のようなフローを予定していたようです。
https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/42546/00414472/0309_04_shiryou.pdf
但し、このような状況下で、審査機関の短縮を下記のように様々行うようです。
https://www.city.osaka.lg.jp/toshikeikaku/page/0000602995.html
別記事でもコメントしましたが、構造適合性判定に関して、確認検査と同一機関への申請も可能にしています。
https://newspicks.com/news/8619531?ref=user_110042

他記事へのコメントを抜粋して、再掲しました。