20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日中関係は米中関係を表す鏡です。米中関係が順調なら、中国は日本を叩きます。米中関係が険悪なら、日本にすり寄って来ます。7/23に日本は中国向け最先端の半導体と半導体製造装置を輸出を止めます。その報復が恐れられていたタイミングだけに、報復の連鎖とはならない良い兆しとなる可能性があると思います。
8月中旬に開かれることが正式に決まった日米韓の首脳会談に対する中国側の牽制。ただ、日中も外交関係は引き続き重要。
最近の日本、韓国、米国の防衛分野での協力発展を目の当たりにして、中国は米国の影響力強化への対抗を画策しているのだろう。
韓国が尹政権下で急速に中国→米国へと外交の軸足を移しており、その中で対日関係も本腰を入れて改善する動きを見せている。THARD問題然り、文政権が中国に下手に出ていた時とはかなり状況が異なる。そこに来て中国から日中韓の枠組みでの交流を持ちかけるわけだから、基本的には米国⇔日韓、あるいは日本⇔韓国それぞれの離間の意図があると見るべきだろう。

それでも、台湾情勢など地域の安全保障環境の緊張は好ましくないので、軸足はぶらさずに対話に臨む姿勢で日韓が結束することが重要そうだ。
林芳正外相と中国外交担当トップ王毅共産党政治局員が今月インドネシアで会談した際、王氏が日中韓3カ国の高官級協議開催を打診していたことが分かった、と共同通信が報じています。
2016年に東京電力がホールディングスカンパニー制に移行し、燃料・火力発電、送配電、小売を分社化。既存燃料事業や既存火力発電事業は中部電力との共同出資であるJERAが承継。
時価総額
1.27 兆円

業績