• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【MBA直伝】AIにはできない「共感型リーダー」になる3条件

NPコミュニティチーム
462
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 秋田 夏実
    badge
    みずほFG 執行役、東京大学(駒場) ・立教大学経営学部運営諮問会議委員、日本学術振興会男女共同参画推進アドバイザー

    「後悔を好機に変える」心理学の第一人者であるニールは、ノースウェスタン大学の心理学の教授と、ケロッグ経営大学院のマーケティング教授を兼務しています。人がどのように意思決定の選択肢を考え、未来予測を行い、過去に対する理解を修正するかに焦点を当て、選択の根底にある基本的な認知プロセスを研究しているニールに、The Empathy Journey for Leaders (リーダーのための共感ジャーニー)をテーマに話を聞き、終盤fireside chatもさせてもらいました。

    心理学と経営(マーケティング)という2つの軸を持つ彼だからこそ導き出し得たアプローチは、オリジナルでユニークです。是非ご一読ください。


  • 倉田 浩美
    badge
    ヴィジョナリーブランド株式会社 代表取締役社長

    共感力は上にいくほど求められるスキルであり、同時にチャレンジに陥りやすい領域。なぜなら、より多くの経験を積むほど、結論や答を自ら導きやすいので、経験がまだ浅いその他の意見に対し、即答で答えたくなるからだと、過去の多くの失敗に苦笑しつつ痛感します。

    意見が全く違ったり、共感できない事柄の場合、「そうは言っても、○○ですよね。」と言いがちです。つなぎを変えて、「なるほど。そういう見方もありますね。さらに加えると、○○ということも想定できるのでは。」と言い換えるだけで、相手は認知&共感をしてくれたと思うもの。相容れない内容であるほど、こういった表現は大事ですね。

    経験を積むほどに薄れていく共感力を、しっかりと味方につけることは、経験を積むほどにより求められるリーダーシップ力の一つですね。


  • 比屋根 一雄
    badge
    三菱総合研究所 執行役員兼研究理事 生成AIラボセンター長

    共感力を高めるために旅をせよ、は気付きませんでした。

    「一つの場所で長い時間を過ごし、現地の人々と会話することで、発散的思考や共感力が高まっていくのです。」

    いろいろな発見のある記事です。後で読み返します。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか